「孔雀」と「紫陽花」

 来年は酉年。好きな孔雀を年賀状に描こうかなと考えています。
孔雀は日本画家さんがよくモチーフにしており、昔から憧れがありました。この作品は染めの技法で制作しましたが、いつか日本画でも描いてみたいと思っています。
羽根の青い丸模様を、ひとつひとつ手で縫い絞っていったのは、とても根気のいる作業でしたが、なんとかイメージ通りに染め上がったときは、とても達成感がありました。染め物の技法は、染料が入らないように「防染」している部分(ろうけつ染めなら溶かした「蠟」で、絞り染めなら絞ることで防染し、模様を作り出します)を、最後に布を開いてみないとどうなっているのかわからないので、それが難しくもあり楽しみでもあると思います。

季節ではありませんが、染め物つながりで紫陽花の作品も。こちらは型染めなので、はっきりしたデザインになっています。

%e5%ad%94%e9%9b%80

「孔雀」2013年 絹、酸性染料/ろうけつ染め、縫い絞り

%e7%b4%ab%e9%99%bd%e8%8a%b1
「紫陽花」2012年 木綿、藍/型染め
描き方で聞きたいこと・絵の相談など気軽にお尋ねください。
記事(伊藤悠
逆瀬川教室 水・土指導 担当

関連記事

Comment





Comment